エッセイ

『Manish+(マニッシュプラス)』管理人プロフィール

はじめまして。管理人のシオリです。当メディアをご覧いただきありがとうございます。

都内在住の33歳です。現在はライター業をしています。

ーーーーーー

30代を目前に控えたある日、私は悩んでいました。

「自分は一体、何になりたいんだろう」

これまでの20代は、控えめに言っても「挫折の日々」でした。

(トホホ。面白くも苦しくも愛おしい日常でしたね。人としての幅を覚えました。)

大学卒業後は出版関係に努めましたが肌に合わず退職。
人と触れ合う仕事がしたいと思い、接客業やホテルの受付として勤務。

そんな中、20代半ばで借金を数百万ほど背負いどん底の日々も味わいます。(1年半で返済しましたが、働きづめで大変でした)

その後は個人事業主として、ECで衣料販売をメインに生活していました。

最高月商150万。しかし、売上のキープがとっっても大変でした。
売上の上下は仕方ないとしても、そのふり幅が大きすぎる。心身へかかるストレスも考慮し、悩んだ末に私は事業をたたむことにしました。

その後は冒頭に戻ります。

私は20代で数々の失敗と学びを得て「“今の自分”は何がしたいのかな」とシンプルに考えるようになりました。

焦りと理想ばかりに目を向けていた20代から、“今”へ目を向けることができるようになった。やっと、地に足がついたともいえるでしょう。

人よりも遅い”土台作り”を始めたときには、私は30代になっていたんです。でも、人生の歩みを人と比べるものでもありません。学びを得るための20代であったと、今では受け入れています。

そしてそんな中で、大学の時に恩師に言われた一言が頭をよぎりました。

「君は、面白い文章を書くね。寺山修二に似ているね。」

当時は「(何言ってんだろう?)」とかなり本気で思いましたが。
まあ、似ているかどうかは置いておいて。

いつもはぶっきらぼうで、何を話しているか分からない恩師が笑った顔が、今でも脳裏に焼き付いています。良い思い出です。

「ライター業か、やってみようかな」

この恩師の一言があったからこそ、今の自分がいると思います。

言葉で人は救われ、言葉で明日も生きていける、そんな風に思っています。

ーーーーー

どんな仕事をしたいのか考えた時に、手に職をつけることも一つの目標でしたが

「時間や場所に縛られない仕事を持つこと」

が自分にとって大切なことだと気が付いたのです。

ライターは、時間や場所に縛られない仕事です。

今は会社員ライターをしながらフリーライターとしても活動中です。

ライター 募集

ーーーーー

自分を発信するというのは苦手な方だったのですが、自分の経験が誰かの役に立つかもしれないと考えた時に「ブログ」という発信方法にたどり着きました。

また、制約が多い仕事とは別で、好きな文章を書けるというのも魅力。

たまには肩の力を抜いて、のびのびとした文章も書きたいな、そう思ったのも開設の理由の一つです。

ーーーーー

何事も「やりたい!」と思った時がタイミング

どん底だと思っていても明日はくる。笑顔のところに福はやってくる。
幸福とは、自分の内側から湧き出るもの。

笑顔になるためにも、やりたいと思ったことをはじめようと思います。

また、ブログはコミュニケーションツールの一つ。

もしよかったら、あなたの中にしまい込んだ、けれど誰かに話したい。

そんな経験があったらば教えて下さいね。

読んでくれてありがとう。